そもそも顧問税理士の仕事内容とは?

顧問税理士とは、税理士法に基づき、税務申告・申請や相談、税務に関する書類作成を行う税理士の事をいいます。

主な業務といえば、
1.税務関係の作業を代理代行してくれる
2.税務書類のまとめ、その他書類の作成
3.税務情報についての総合的な相談にのってくれる
4.経営についてのアドバイスをもらえる


通常、顧問税理士は、月に1度など定期的に依頼を受けている会社を訪問し、税務関係の処理や経営に関する相談を受け、指導及びアドバイスを行ったり、毎月の試算表を作成します。
その際に、帳簿を付ける作業を代行してくれる税理士も存在します。

また、決算期になると、節税の相談や帳簿の決算、確定申告の代行を行います。
その他にも、税理士は業務に関係する範囲で社会保険労務士業務の作業等も代理してくれるようです。


このように、税理士と顧問契約を結ぶメリットとしては、定期的な打ち合せとアドバイスが行われるので、継続して専門的な指導や助言を受けることが出来る点です。
また、依頼主と税務署の間に顧問税理士が入ることで、税務行政との意思疎通がスムーズに進むことも挙げられます。

顧問契約を結んでいない場合、税理士に単発で書類作成や確定申告などを依頼しても、受けてくれないケースもあります。
もし受けてくれたとしても、税理士が税務処理のすべてを把握することは難しいため、こちらが相談したい内容について簡単には対応しきれないケースも出てくるのだとか...

そのため、日頃から定期的に経理事務をチェックしてくれる税理士と顧問契約を結んでおいた方が妥当だといえます。
当然、企業規模が大きくなれば、顧問税理士の必要性も高くなるため、長期的な視野で考えた場合も、信頼できる税理士との顧問契約をお勧めします。

顧問税理士をつけたい、今の税理士を変更したい時のおすすめサイト
無料で税理士を紹介してくれるサイト「税理士紹介コンシェルジュ」
相続税の手続き・申告について相談したい場合はこちらから
対応エリアから税理士を検索!相続税申告ナビ